日焼け止めの選び方

敏感肌の方はどのように日焼け止めを選べば良いのでしょうか。まず、敏感肌であっても日焼け止めは絶対に必要です。ただでさえ肌のバリア機能が衰えているのだから、日焼け止めをしっかりと使わないと紫外線によるダメージがどんどん蓄積してしまうでしょう。

敏感肌の方はノンケミカル処方のものを使いましょう。日焼け止めに使われている成分としては大きく分けると紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。このうち紫外線散乱剤というのはノンケミカルとなっています。化学変化が起きないためにノンケミカルと呼ばれています。こちらの方が肌への負担が小さくなっているのです。ただし、白浮きしてしまうことがあるため、その点には注意しましょう。

また、ウォータープルーフのものも肌への負担が小さいためおすすめです。こちらは水や汗に強いという特徴があります。ただし、必要以上に使ってしまうと負担になってしまうため注意しましょう。

石鹸で落とすことができるタイプのものはおすすめです。日焼け止めの中には簡単に落ちないものがあるのですが、これは逆に肌に負担がかかってしまうでしょう。石鹸でも落とせるタイプのものは肌にやさしいためおすすめできます。

アルコールフリーなタイプもおすすめです。無香料や無着色、無鉱物油であることも重視しましょう。